カル会

芸術家日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

た。以

  久が原でケーキを買ってきた。以前から名前は聞いていたが「久が原」というのがどこだかわからないのですごく遠くのケーキ屋なのかと思っていた。だが調べてみるとそうでもない。目黒の隣駅の五反田から池上線に乗ればすぐだった。というわけで行って買ってきた。買う前にちょっと久が原をぶらぶらしてみようと思ったのだけれど久が原は住宅街だったのでぶらぶらして面白いものがあまりなく、ぶらぶらは15分で終了した。あとはやることが無いのでケーキを買って帰ってしまう。買ったのは三つ。秋の雄、モンブラン。パッションフルーツのチーズケーキ、正式名称をフロマージュ・キュイ・パッション。それから塩とキャラメルのケーキ、キャラメル・サレである。なぜだかここのケーキは半分以上ドームケーキだった。そして迷いに迷った挙句、ドームケーキが一つも入っていないセレクションで構成してしまった。我ながらぼんくらだ。でも食べたケーキは一つ一つ、一々完成度が高くてヒザが笑った。モンブランは香りが違う。洋酒の香りが効いている。メレンゲの生地がカフェ・オレだ。栗感は粗く刻んで散らしてある。ええい、良いモンブランだ!パッションフルーツのチーズケーキもやっぱり香りがいい。なんというか、二つとも「本来の味を」というよりも複合的に香りを作り上げるタイプのケーキだ。相当な技量だぞ。繊細な感性が無ければ押しつけがましくなるところだ。ははぁ、やるねぇ。最後の塩とキャラメルのケーキは意外に塩がきつくてしょっぱいケーキだった。確かに「ケーク・サレ」というおかずケーキを昔食べたことがあるが、あれよりはケーキっぽく、かといって普通のケーキよりはケーキっぽくなかった。これは少し好き嫌いが別れるね。私は食べながら少し「あのたくさんあるドームケーキの一つだったならば」などと思わず考えてしまった。いけないいけない。一期一会を大切に。今日出会ったケーキを最高の味わい方をしてこそのケーキ人・飯島としての面目が立つというもの。いずれ漫画化される時はここ、決め台詞になるかもしれない。ともあれ今日のところは漫画化されるあてもないので食べ終えて一息つく。明日はなるほど、月曜だと聞いている。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/31(日) 19:21:15|
  2. ケーキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

モチウナギ

Author:モチウナギ
写真家で着物デザイナーで何かそんなようなものです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブクログ

Twitter

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。