カル会

芸術家日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

えば20

  ラメーンを食べて帰る。帰宅途中に雨が降って来たが、このまま帰っても食べるものが無いのでさっと食べられるものを、とラメーン屋に入ったのだ。そこで私はラメーンを啜っていたのだが後ろに座っていた熟年カップルの会話が面白過ぎてあまりラメーンの味がわからなかった。

男「あのさ、今はIllustratorってパソコンがあるからイラストレーターはいらないんだ。だから人を減らせるんだ」
女「すごいねー」
男「一ページからでも出来るからね。本みたいなの。百ページでも。」
女「へー、でも高いんでしょう?」
男「買えば20万円以上するかな。でも俺、月々五千円で使い放題なんだ」
女「へー、お得なんだ」
男「フォントとかもさ。五千円払わないと使えないんだよ。」
女「でも、文字だったら指定されるだろうし、払わないとね」
男「そうなんだよ」

  意味がわからない。あまりの衝撃にラメーンを食べながら携帯電話でTwitterにリアルタイム投稿してしまった。食べ終えた私は店主に「いつもありがとうございます!」と言われた。まさか私が覚えられているとは思わなかった。私は変な髪型なので人によく覚えられてしまうのだが自分が人の顔を覚えないので「人間は他人を滅多なことで認識出来ない」と勝手に思い込んでしまっている節がある。だから店主に言われて驚いた。ああ、この人は私を認識している!と。よくあることなのに。もしくは店主は誰にでも同じようなことを言っているのかもしれないな。それを真に受けた私が律義に驚いただけだったということもありうる。まぁ、どちらでもいいさ。雨が強くなる前に帰ろう。自宅に戻ろう。早足で歩く。素早く景色が移り変わる。びしょびしょの女子学生が何故か私を睨んですれ違う。自宅に戻るとすぐに宅急便が来た。頼んでおいた名刺だ。私の所属先が古いままだったのをようやく修正したのだ。明日、人に渡そう。今日は名刺を眺めるだけにしておこう。
スポンサーサイト
  1. 2011/08/31(水) 21:23:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キンでは

  昼に昼飯を食べる。しかし、食べた直後に何を食べたのか忘れてしまった。オヒスに戻ってから同僚に何を食べて来たのか聞かれ「ハーブチキンでは無い方のメイン」と答えた。そう、ハーブチキンではなかったのは確かなのだ。すると同僚が立ち上がって食堂のメニューを見に行く「豚キムチですね」冷静だ。私はよく間が抜けているので「こいつ、バカにしているな!」と思って憤慨したりしないのが同僚のいいところだ。そう、バカなのは私の方だということをよく理解している。確かに私は豚キムチを食べた。しかし、食べたのが消極的な理由からだったので恐らく忘れてしまったのだ。どうせ社食の豚キムチである。豚肉もキムチも信用ならんと思っていたのだけれどサンプルを見てみるとやけにたくさんモヤシが入っていたのだ。ほっほう。豚もキムチも信用できんがモヤシは信用できるぞ。というわけで食べたのだ。だから私の中に豚キムチの豚キムチが抜け落ちてモヤシだけが入ったので名前が無くなってしまった。それを同僚に思い出させて貰った。そして同僚は部屋を出て食堂に向かう。牛煮込み丼を食べるんだそうだ。
  1. 2011/08/31(水) 13:49:58|
  2. 社員食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナチャー

  スタミナチャーハンを食べて帰る。何を食べようかあまり考えずに私はいた。というのも今日は私の作品の搬入があったのだ。元々私は準備万端の男なので仕事の後に慌てて搬入ということはほとんど無いのだけれど、今回は何回撮っても納得がいかず最終的に完成を見たのは昨日の深夜であった。しかもそれも「便宜的な完成」であり「完全なる完成」ではない。最終的にはしめ縄と賽銭箱を設置して晴れて仕上がりとなる予定だったのだが結果的にしめ縄は「季節外れなのでこれから編むことになるので即納は無理」と言われ、賽銭箱は安くても三万円もしたので設置は諦めた。完全版はまたの機会に披露しよう。ともあれ少し簡素になったが2011-夏バージョンでは出来あがっているのだ。これをギャラリーに持って行く。持って行く途中でひどい豪雨に会ったので走ってギャラリーに向かう。そして逃げ込んだ目的地でオーナーさんに作品を渡す。「おーおー」でしょう。「こんだけ攻めてくれると、いや、流石ですねぇ」でしょう。充分いい反応をいただけたので私は満足して帰る。中華料理屋で「スタミナチャーハン」という牛肉がごろごろ入ったチャーハンを食べて帰る。雨は降ったり止んだりだが既に作品はもう預けてあるしギャラリーで傘を貸してもらったので全然平気だ。へらへら。そして帰ると色々荷物が来たようだが私がいないので帰った跡があった。ふむふむ。再配達の依頼をして日記を書く。これ。これだ。今書いているもの。そして書き終わった私は別の書きものに入るのです。かちかち。
  1. 2011/08/30(火) 21:21:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プルー定

  ゴーヤチャンプルー定食を食べて帰る。もう夏の勢いはめっきり衰えて来たがまだ日中は30℃にもならんという夏日である。それに私は近頃のメランコリーがひどくってあんまり元気が無い。そういう時はゴーヤではあるまいか。夏の野菜だしビタミンも入ってるしなんか、色々と良さそうだ。で、うちの近所の沖縄料理屋に入って頼む。この店では何回かゴーヤチャンプルーを食べているのだが、今回出て来たものを見て少し釈然としなかった。ふむぅ。何が違うというわけではないが、あんまりおいしそうに見えないな。食べてみると見た目ほどまずくもないけれどこの店のベストチャンプルーからは程遠い。なんでだろう。厨房の人が違うような気がする。あの枯れ木のようなジジイがいない。あのジジイ自身が作っているのかはわからないが、ジジイ一人いればうまそうな飯を作ってくれそうな気がするのだ。でもまぁ、ご飯の炊き方は今日は良い方なので赦す。全部赦す。食べ終えたので帰る。昼の日記は面倒臭いので割愛する。
  1. 2011/08/29(月) 20:33:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

らって中

  パンを買って帰る。途中、オシャレげな古本屋があったので覗いてみた。だが戸が開かない。ごりごり力を込めていたら後ろから「ああっ!すみません!ちょっと出ていたのでカギをかけてました!」と店主らしい女性に言われた。ほぅ、タイミングが良かったな。わざわざ開けてもらって中に入る。しかしこうなると何も買わずに出にくいものだ。でも見ていると本当に欲しい本(プロレス健康法)は非売品だし、ちょっといいなと思った本(40年前の日本全国の「ファンクラブ」をリストにした本)などは結構高い。そこで散々迷ってから昔の男性誌を買った。安っぽいプレイボーイみたいだ。何人だかわからない人のエログラビアや「軍用機の運転方法!」みたいな何の役にも立たない記事が書かれている。人にいい感じの手紙を出すのにセンスのいいハガキを探しているところだったので、後で切り刻んでハガキにしてしまおう。その前に一応全ページスキャンしてデジタル化しておこうかな。でも店主の人よ、人がそんなちょっとエロい本を買っているのに丸のままで渡さないでおくれよ。紙袋くらい用意しておいておくれよ。ぶらぶらと裸で本を持って帰る。そして自宅でパンを食べる。コンビニで買った紙パック飲料を出してみるとストローがついていなかった。仕方が無い。コップにあけて飲む。なんだか量が多いような気がする。しばらく飲んでからコップごと冷蔵庫に入れた。生魚の臭いとかがつかなければいいな。
  1. 2011/08/28(日) 20:07:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チメニ

  ヘラ宿で飯を喰う。ちょっと午前中とりかかっていた仕事が中々終わらなくていつもよりも遅い昼飯になってしまった。で、ヘラ宿に用があったのでヘラ宿で食べたのだけれどなんとなく燻製専門店に入って「燻製ハムチーズカツとから揚げ定食」を食べた。昼からやたら思いがランチメニューの中に「燻製」が使われているのはこれだけだったのだ。それに「人気No.1」とか書かれていたし。で、食べてみたけどこれは流石に重かった。私はもっとライトでオシャレでキラキラしたものが良かった。と、そこまで文句を言うほどでもないけどNo.1の癖にこれは力が足りな過ぎるとは思ったのです。で、食べ終えていくつか展示を観る。ポスト、ナン・ゴールディンと呼ばれる気鋭の作家「iO」。これはなるほど、力を感じたね。信頼感が撮らせる写真だ。私のような人との関係性を重視せず、長いスパンでの人付き合いが出来ない写真家では撮れない写真だ。ええい。人よ!そしてセクシュアリティよ!そして私は場所を移して草間彌生の展示も観た。ああ、最近は「芸術家も社会の一員であり良識を持って行動すべき!」という論調が支配的だけど、この人は明らかに頭がおかしいし社会性はゼロだな。いい時代だったのか。それとも今の方がいい時代なのか。よくわからんけど、とりあえず私は今を生きているので今を肯定しておこう。ともあれ今日は暑くてやりきれない。カキ氷でも食べようか。食べようか、と思っていたら自宅に戻っていた。食べようか。アイスでも。近所のドーナツ屋で買ってきたドーナツアイスを食べる。普通のアイスの方が良かったな。
  1. 2011/08/28(日) 15:45:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

がらTwi

  アキハバーラタに来た。ザギンの前にアキハバーラタに用があったのだ。でもそちらの用は割とすぐに終わったのですぐザギンである。ザギンで、そして、甘いものでも食べて休もうと思っていたのだけれど想像以上に用件に時間を取られた上に私があんまり寄り道するので甘いものを食べる時間が無くなってしまった。でもやっぱり食べたいので山梨の物産展で清里のアイスクリームを食べた。食べながら歩き、歩きながらTwitterから「これよりどこそこに向かいます」とつぶやいて、そして目的地に着くと人の出迎えがあった。「来ると思ってましたよ!だってさっきつぶやいてたでしょう!」なんと恐ろしい現代文明か!もう読まれていた!で、そこで私は作家さんと会ったのでした。というのも私は2週間ばかり前に一枚の絵を買ったのです。それは大変素晴らしい絵でまさかその絵が売れていないというのが信じられなかったため結構な割と価格だったにも関わらずひょいと買ってしまったのです。で、その絵が作家さんのお気に入りでもあったため、購入した人物と話がしてみたい。なるほど私も作家さんと話がしてみたい。というわけで会って話をしたのでした。良い人だった。私も作家なので飯島という作家から人間を見てみるとどう見ても作家というのは始末におえないクズ野郎なのです。だからすっとこどっこいだと困るな、と思っていたのだけれど全然そんなことは無かった。すっとこどっこいは個人の資質に寄るのだった。つまり私一人だけが。というかまぁ、そんなこんなで色々お話を伺って更に作品に愛着を抱いて私は弁当を買って帰る。東京駅で買って帰る。東京駅は弁当を求める人が多いので色々な弁当があって面白いな。買って帰った弁当はむつ照り焼きの弁当であり、むつは本当においしい。おいしいおいしい。満足したのでゼクシィを切り刻む仕事に戻った。次の作品に使うのです。
  1. 2011/08/27(土) 19:55:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

好みの展

  中目黒でハンバーグを食べる。ちょっとおしゃれっぽい店だったので、正直お味は期待していなかったのだけれどこれが結構本格的なので驚いた。ドミグラスソースのコクの深さよ、行き過ぎないあらびきで整えられた食感のバランス感覚よ、おお、おお。軽く見てすまなかった。ご飯も五穀米なのでなんだか安心だ。ビタミンも補充された感じだ。食べ終えて私は近くのギャラリーに行く。このギャラリーは通好みの展示をずっとやってきたのだが建物の老朽化に伴って今回が最後の展示だ。だのにやたら蒸し暑かった。暑くて暑くてかなわない。全然展示に集中出来ない。しかも「展示」というか展示ではないのだけれど非常に集中力を要するものだったのでまるでいけない。今回の展示はターナー賞(アーティストに送られるイギリスで最も権威ある賞)受賞者の作品で「音」が作品なのだ。それなのにあまりにもむしむしして「ああ、私は身体を持っているな」とそればかり意識していた。折角のターナー賞受賞者の作品なのにもったいない。スタッフが誰もいなかったので「アンケートに蒸し暑いです」と書いてギャラリーを後にした。ザギンに行かねばならぬ。
  1. 2011/08/27(土) 13:23:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼした天

  チャチュメーンを食べて帰る。雨が降ったりやんだりとパッとしない天気だが、昼は大変な豪雨で東京が沈没しかけたらしい。だが私が帰る頃には降ったりやんだりのしょぼしょぼした天気である。でもいつまた例の豪雨がやってくるかわからない。さっさと帰らなくては。そうは言っても考えなしにすぐ帰っては食べ物が無い。うちには食べ物が無い。だからチャチュメーンを食べて帰ったのだ。雨が降るといつも入るラメーン屋に寄ると、店員さんがカウンターに突っ伏して寝ていた。雨が降ると客が来ないのかもしれない。だが私をきっかけに徐々に人が入ってくる。皆、チャチュメーンを食べていく。食べ終えた私は店を出る。雨脚は変わらない。パンを買って帰る。
  1. 2011/08/26(金) 21:42:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

方の汚

  カレーうどんを食べる。社員食堂で。それは私が。私以外の人も食べていたが、それは私以外なので私とは関係が無い。で、つるつるすする。カレー飛び散る。そっとすする。それでも飛び散る。幸いティーショーツが黄色だったのでさほど飛んでも目立たないが、そうは言っても自分の食べ方の汚さにうんざりする。もっとスマートにカレーうどんを食べられないものか。周りを伺うが周りの様子は周りなのでよくわからない。つるつる。それなりにおいしい。それなりに食べ終えてじっとり湿った廊下を歩く。廊下は、長い。誰か知った顔二人とすれ違って口の中でもごもご挨拶をする。今週は人に合わなかった。来週も人には合わないかもしれない。スカスカだ。
  1. 2011/08/26(金) 13:20:28|
  2. 社員食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つは風

  洋食屋に入ってレバーとしょうが焼きの定食を食べた。注文して料理を待っているとどこからかリリリンリリリン、風情のある音が聴こえた。あら、これってもしかしてコオロギじゃありません?でも目黒の洋食屋でコオロギ?そういうラジオ番組かしらん。と思っていたら目の前に座っていた児童がうろちょろしだしてコオロギの入った虫かごをテーブルの上に置いた。ははぁ、本物。こいつは風情だ。と思ったけれど私は基本的に虫が好きではない。音だけならまだいいけれどゴキブリに似た見た目の虫けらを見つめながら飯を喰うというのはあまり気持ちのいいものではない。しかもこのクソガキ、飲食店の中でありながら「開けていい?開けていい?」とか言っている。クソガキ!そしてクソガキの大クソ親は「えー?どうかなー?」とか言ってる!クソ親!そこは毅然として禁止しろ!私はこのクソガキがカゴをあけるんじゃないかとそればかり気になってせっかくやってきたしょうが焼きをキチンと真正面で捕えることも出来ずにちらちら虫かごを見ていた。あのゴキブリもどきを見つめながらのしょうが焼き。ちくしょう!最悪だ!何が風情だコンコンチキめ!ぎりぎり。だがしょうが焼きを半分食べたくらいで家族連れは出ていったので後は堪能できた。ふぅ、中盤からのおいしさよ。そして食べ終えた私はアジを買って帰る。撮影用のアジだ。前のアジはろくな考えも無しにラッカースプレーをかけすぎて台無しにしてしまった。今度はちゃんと撮影プランを練り練りしてから撮るのだ!締め切りは今週末、もう失敗は許されぬ!
  1. 2011/08/25(木) 21:44:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太ソー

  肉じゃがとカリフラワーの明太ソース和えの小鉢を持って昼食とした。社食である。まずは前菜としてカリフラワーの明太ソース和えを食べる。これが、これが、これが、びっくりするほどまずかった。ちょっと湿ったスポンジみたいな食感。生ゴミの臭い。明太ソースがかかっているのに味が無い。これは食べ物か!?驚いてもう一口食べたがやっぱり凄まじいばかりのまずさである。吐きそうになった。その後は一切カリフラワーに手を付けずに肉じゃがを食べていた。あれの後ならなんでもうまい。恐らく冷凍のカリフラワーの解凍を盛大に間違えたのだろう。あんなひどいカリフラワーは食べたことが無い。たまにちょいちょいつついたがやっぱり食べる気にならないので肉じゃがだけで食事を済ました。そして会計に行くとボスがいた。マッシーンで支払いをするシステムなのだがボスはあまり慣れていないようでもぞもぞしていた。私は頭を軽く下げてさっさと会計を済ます。さっさと歩いてどんどん歩く。すると美少女がいて「あ!飯島さん!人のカバンの中に勝手にガムを入れないでください!知らない間に万引きしたかと思いましたよ!」と怒っていた。そうだっけ?とぼけてまたどんどん歩いて誰もいないところでしばらく本を読んだ。
  1. 2011/08/25(木) 13:25:02|
  2. 社員食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミナ不

  スタミナ丼を食べた。私の体調不良はスタミナ不足が原因だと踏んだのだ。で、うちの近所の弁当屋で買って帰る。途中、神社を抜ける。でも私が使ういつものルートは工事中だったので本堂を迂回するように裏手に回ったのだがなぜか紐やら網やらがそこら中にある。照明もほとんど無いしどういうことだ。危ないじゃないか。ゆっくり避けながら道を抜けて振り返る。何かがおかしい。そうだ、アイフィヨーンには照明機能もついているじゃないか。ライトをオンにしてみるとそこには何も置かれていなかった。紐も網も何も無い。私は何を避けていたのだろう?頭がおかしくなったのかな。汗がぶわあっと出た。宅急便の車とすれ違う。中の会話がやけに鮮明に聞こえる。自宅に着くとポストにお手紙が入っていた。知った人だ。直接面識は無いのだけれど、知った人だ。安心した。いい手紙だ。私も返信を書くとしよう。でもこんなにいいお手紙が書けるかな?書いてるうちに段々よくなっていくことだろうよ。なるべき気取らず、受け取り手のことを思いながら書こう。お元気ですか。私はいつだって元気で、たとえ死んでしまったとしてもそれはそれで元気でしょうよ。
  1. 2011/08/24(水) 21:56:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

た。うう

  朝起きると頭が痛かった。うう。気持ち悪い。どうにも体調が優れない。先週末はずっと忙しかったし、その反動が出たのかもしれない。先週末のど真ん中は自由裁量で「忙しい」を選択していたからまだ良かったのだが昨日オヒスに出て上から「忙しい」が降ってきたのでてき面に体調を崩したようだ。どうもメンタルが弱いねどうも飯島は。で、オヒスに連絡して朝のうちはしばらく寝込んでいた。だが結構早く復活して掃除を始めたり魚の写真を撮ったりし始めた。魚はちょっと頼まれている写真なのだ。締め切りは今週末で本当なら既に完成していなければいけないのだけれど何回撮っても「失敗だ!」と私が怒り狂って写真を破ってしまうので全然完成しないのだ。この撮影のせいで夜遅くまで起きていたりして体調を崩したのかもしれない。ともあれ今日も出来あがった写真を見て「失敗だ!」とわめいていた。デジカメだと一瞬で「失敗だ!」というところまで行けるから楽だな。そして気がつけば昼である。もう体調も元に戻ったので昼飯を食べてオヒスに行こう。私は近所のイタリア料理屋に行く。前に一回来たのだが盆で店を開いていなかったのだ。今日はもう盆では無いので開いていた。そこで食べたパスタが割とおいしいので驚いた。しかもその店はやたら野菜にこだわっているとかで食前に出す野菜ジュースやらサラドがまたおいしいのでこれは畜生、うかうかしてられませんぞ!とムックみたいな口調で驚いた。私が贔屓にしているパスタ屋はパスタ以外全然おいしくないので大ピンチだ!でもこの店も難点を上げるなら店員が全員男性でしかも皆ぴっちりした白のぷりぷりパンツと真っ白なシャツだったのでNON STYLEの背の高い方を思い起こさずにはいられなかった。だが欠点らしい欠点はそこだけでありこの欠点は私以外の人間にはまるで気にならないので欠点ではないかもしれない。ともあれ食べた。おいしかった。電車に乗ってオヒスに向かう。いつもよりも電車が空いていて好調である。なんだかスピードも速いような気もする。いけいけドンドン!前の電車を追い抜いてしまえ!
  1. 2011/08/24(水) 13:35:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

期、郷

  体調が不良になった。朝は元気だったのに夕方くらいから怪しくなり夜になるとなぜか疲労困憊していた。そして自らを鑑みてみるとなんだか食欲も無いし頭は痛いし気分も優れない。全然ダメな自分であることに気がついたのだ。だけどひとまず夕飯は食べねばなるまい。というわけでコンビニエンス便利店でパスタを買って帰って食べる。大したもんじゃない。それからママカリを食べる。お盆の時期、郷里に帰っていたという人から貰ったのだ。そのママカリを無駄にしてはいけない!私は袋を破ってもりもり食べる。ただ食べただけではやはり申し訳が立たないぞ。キチンと味わうのだ。分析するのだ。レポートにして後で提出するのだ!で、ふらふらしながら食べた。すっぱくてうまくてこれは元気になるわい。酢パワー!とか思っていたのだけれど私のダメさ加減の方が上回っていたようで熱が出て来た。あいやややややや。ともあれこれはお返しをせねばなるまいな。何で返そう。メモ帳にリストアップしていく。あんこ玉、八雲もち、空也最中。どんなもんがよかろうか。
  1. 2011/08/23(火) 21:17:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

じの骨

  サバの味噌煮を食べる。社員食堂である。あんまりおいしくないであろうな、と思いながらも食べてみたが、やっぱりあんまりおいしくなかった。嫌らしい感じの骨もごりごり入っていて隙あらば内側から喉を喰い破ろうとする。お味もなんだかカスカスしていて深みが無い。食べ終えてしばらくぼうっとしていた。色々あってアンニュイなのだ。そして仕事もやたら忙しい。頭が痛い。違う。それは未来の記憶だ。昼過ぎの私は普通だった。ああ、気持ち悪い。それも未来の私だ。日記を書いている今の私の気持ちだ。うへぇ。今日はもう休むとするよ。
  1. 2011/08/23(火) 12:57:45|
  2. 社員食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かり山

  疲れ切っていた。今日でようやく企画展が終わったのだ。まぁ、その企画展だけに注進していればそこまで疲労はしていなかったのだろうが色々同時並列でやっていたのでやたら疲れたのだ。そして大荷物を引きずったままギャラリーからの帰り道、私はなんとなく近所の中華料理屋に入った。正直、食欲はほとんど無かったのだけれど何も食べないという最悪な手は打ちたくなかったのだ。で、ふらりと入ってレバーとネギの野菜炒めを頼んだ。なんとなくレバーは身体にいい印象があったからだ。で、頼んでみるとレバーばかり山盛りであまり野菜が入っていなかった。いや、ネギは入っていたけれど、ニラはたくさん入っていたけれど。なんだ、入っていたのか今こうして文字にしてようやく気がついた。食べている時は「レバーばっかりだな」と思っていた。でもそういや店を出る時に「ニラ、多かったですか?」と聞かれた。全然ニラが目に入らず結果的にほとんど食べていなかったのだ。別にニラ嫌いじゃないのに。家に帰って椅子の上でひっくり返る。でも長いことひっくり返ってもいられない。色々たくさん遅れている。全部こなさなければ私ではない。しかし、どうにも、眠い。徐々に、私は、眠い。そして今日だけは…。どうか今日だけは…。
  1. 2011/08/22(月) 22:53:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どモノ

  学芸大でうどんを食べる。と、その前に一つギャラリーに寄ったのだった。オーストラリア人の展覧会があるというので出かけてみた。近所のホテルの8Fがギャラリーになっていたのに今まで気づかなかった。行ってみるとなるほどオーストラリア人らしい巨大な男が座っていてたくさんの写真がかけてある。一つずつ観ていく。ちょっと欲しいのがあったが、いかんせん私は最近人の作品を買いすぎるので控えなければならん。それによく見るとモノクロはオリジナルプリントでは無いな。私は写真のオリジナルプリント信奉者ではないけれどモノクロだけはやっぱりオリジナルプリントがいい。これはデジタルでスキャンした後に転写したものだ。これで値段は2万円か…。そんなもんか。そして私はギャラリーを出てうどんを食べたのだ。うどんにはかき揚げ丼の小さいのがついていた。最初は衣がさくさくでエビはぷりぷり、これは大変なかき揚げ丼ですよ、と思っていたのに中盤を過ぎると油のせいで頭痛がしてきて最後は気持ちが悪かった。うへぇ。うどんの印象も全部消えた。というかうどんと交互に食べれば良かった。「麺類は早く食べないと伸びる」とすぐうどんだけ全部食べてしまったのは私の失敗だ。ともあれ気分を害しながらも食べ終えて外に出る。ずったり。ぬんめり。そして私は代官山に行くのです。昨日、休廊で入れなかった展示に行くのです。
  やってきました代官山。そして昨日入れなかったギャラリーに行ってみると今日もやっていない。どういうことだ!手元のアイフィヨーンで確認すると私がいる場所がギャラリーとはまるで関係の無い場所だった。はぁ、なるほど。そしてスマートフォンを頼りに正しい住所に来てみたがやっぱりそこはマンシオンの一室で入りにくい。でも扉にハガキが1枚貼ってあり、なんだか展覧会の案内のようだ。そっと入ってみる。やはりマンシオンの一室で奥に行きにくい。だがこの奥なのだろう。この奥なのかもしれない。そうっと入っていくと背の高い美人がいた。「あの、展覧会…」そこまで言うと案内してくれた。マンシオンの更に部屋の奥の間仕切りの先が展覧会場だったのだ。なんてわかりにくいのだ!で、入ってみるとビデオ作品が上映されていた。私はずっと写真の展示だと思っていたのだけれどビデオだったのだ。そしてそれは「母親と娘」の関係をテーマにしたもので画面に映ると何組かの母と娘に第三者が読んだ「母への思い」が朗読される。それによって自分と母との関係性が浮かび上がってくるというものだが、しかし、私は息子だったのだ。娘ではない。どうかなどうかな、と思ったけれど結構私も母のことを考えた。でもこんなちょっと感動的な朗読は出来そうも無いとか、彼女たちは関係が一段落しているけれど私と母の関係は割と変化していく最中であり母はなんか議員になっちゃうし私は私でボンクラだしもっと意味不明だ。ひとしきり混乱してから私は会場を出てクレープを食べた。おいしいクレープだったので思わずメモに「おいしいです」と書いたけど意味がなかったのですぐ捨てた。
  1. 2011/08/22(月) 14:23:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ンキー

  つけ麺を食べて帰る。何が食べたいというものが無かったのでなんとなくつるつるしたものを身体に入れて帰った。もう少し味の薄いものでも良かったが、食べてしまったので何にも言えない。そして帰って頼まれている執筆の続きをやろうと思ったのだが想像以上に疲労困憊していた。下書きはギャラリーにいる時に行っているので後はPCで清書すればいいのだけれどそれだって結構神経を使う。うふぅ。なんでこんなことを引きうけてしまったのだろう。ああ、いけない。そんなことを考えるとどんどん深みにはまって「どうして私は生きているんだろう?」となって結局「生きている意味なんて、無いな」とさっさと死んでしまうだろう。それはどうにも切ない。まだもう少しファンキーに生きていたい。だから私は無駄と思えることは無駄のままにして努力は続ける。しかしどうにも締め切りには間に合いそうもない。そこだけは申し訳ない。だからここで全力で謝っておこう。スマン!スマンクス!スマンシーモ!!ごめんなー。
  1. 2011/08/21(日) 22:15:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いたギャ

  中目黒のイタリア料理屋に入る。そこで食べるのはケサディーヤである。「ケサディーヤ」と言っても馴染みが少ない人もいるかもしれない。これはメキシコのファーストフードで薄いトルティーヤ(トウモロコシで作るパンケーキ)の間にチーズを挟んだものだ。私は昔、よく食べた。というか、どこで食べたんだろう?ケサディーヤという名前に親しみがあるし、実物を何度も食べた記憶もある。それなのにどこで食べたかの記憶が全く無い。しかしメキシコ料理なのだからキャリフォルニアで食べたのだろうな。だが日本でこれを食べるのは久しぶりだ。もしかしたら初めてかもしれないがでも一回くらいは食べたような気がする。せっかくなのでケサディーヤに生ハムを乗せたちょっといいものを食べた。丁寧に作られたケサディーヤでこれなら人に食べさせたい、食べてもらいたいと思った。というか、一人では多い。飽きる。でもおいしいのでした。食べ終えてから外に出てギャラリーを回る。しかし、一番気になっていたギャラリーは日曜閉廊だった。ちぇっ。展示って一週間ぐらいしかしないのが多いから平日に休みが無い私は気になるのを全部回るのが難しいよ。難しいよ!そして私は目黒のギャラリーに戻る。展示会をやっているのだ。私が主催なのだからつめていなければいけない。だからケーキを食べてゆっくりとしてはいられない。炭酸水を飲みながら歩いて向かう。
  1. 2011/08/21(日) 14:57:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ょっと茅

  弁当を買って帰った。今日は午後3時頃から現在開催中の展覧会場にいたのだが、終わってからパーテーに誘われた。しかし場所がちょっと茅場町と離れていたのとやることがあるのとで帰ってしまった。せめて目黒付近ならば少し顔を出して帰れたのだけれど。行けば行ったで楽しくなってしまうことが怖かったのだ。で、弁当を買って帰って食べた。味は普通で別のなんということもない。食べ終えて写真を加工したり、書き物をしたり、水を飲んだりする。ああ、明日が来る。明後日も来る。じゃんじゃん来い!
  1. 2011/08/20(土) 22:35:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

る。ギャ

  四谷で洋食を食べようと思ったらひどく混んでいた。あーあ、残念ながら混んでいる場所と私は相性が悪い。というわけで近くにあった別の店に入る。軍鶏の専門店らしい。で、ランチのチキンカツカレーでも食べようかと思ったのだけれど実際席に着いてみると重そうだったのでポークステーキ定食にした。その時点でなんとなく違和感を感じたのだがそうだ。私は軍鶏の専門店に入ったのに豚を頼んでしまったのだ。まぁ。でもしかし、そういうこともある。人生だもの。そもそも私は洋食を食べられなかったのだ。ね。というわけでポークステーキを食べてみたが、野菜が食べたくなった以外は普通の昼食だった。結構おいしいぐらいだった。食べ終えて店を出る。ギャラリーに行く。気になる展示があったのさ。それは在日アメリカ人写真家の展示だ。つまり、立場で言えば昔の私と真逆の写真だ。観てみてわかったのはしかし、「立場が真逆」とかそれ以前に圧倒的な力量の差。モノクロ写真だとキレイにお互いの立ち位置が見える。この人は凄いよ。反射神経とセンスが尋常ではない。それに彼は異邦人として日本で写真を撮っているのに他者からの奇異の視線を柔らかく受け止めている。ああ、人間的にも私にこのような写真は撮れない。私がモノクロ写真表現を離れたのは正解だったのかもしれない。私はなんだかグッと疲れてケーキを食べる。あんまりおいしくないケーキだった。もう一件ギャラリを回る。そちらは日本人の写真家の展示をやっていたがちょっと特殊な撮影方法をする人である。大型のカメラを使い、撮影時は耳栓をして完全に集中して一日に一枚しか撮らない。こんな撮り方も私には出来ない。世の中には私に出来ないことをする人ばかりである。こうなったら私も彼らに出来ない撮影をせなばなるまい。ようし、よしよし、燃えて来た。私はまだまだ戦える。彼らとの違いをより明確にしてやるのさ!
  1. 2011/08/20(土) 15:12:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ョウを

  ザギョウを食べて帰る。正直、なんだか私の胃腸は意味不明な感じになっていて何が食べたいのかもさっぱりわからないでいたのだけれどなんとなくザギョウ屋に入ってなんとなくザギョウを食べた。注文をする前も後も「お前は本当にこれを食べたいのか?」と自分に問いかけたが何の応えも帰ってこなかったのでザギョウ定食を食べた。食べながらも疑問を持っていた持ちながらも食べ終えた。「夏餃子定食」とかいうもので普通の餃子定食に大根おろしがついてなぜか50円安いというものだった。なんで安くなるのかはよくわからないが安いなら安いほどいいじゃないか。どうせ同じ餃子定食だ。そしてせっかくだから大根おろしを餃子に乗せて食べた。別にいつものと変わらないような気がした。なのでいつもと同じように食べ終えて帰途に就く。雨が降ったり止んだりする。ちょっと悩みながら自宅に戻って中途半端になっている仕事の続きをする。今日中には終わらない。明日中でも終わらない。すぐ終わらない続けなければいけない仕事があると人生死ににくい。
  1. 2011/08/19(金) 22:05:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

借なくバ

  パンを買いに出た。今日の東京はなんとか注意報が一杯でて騒々しく雨が降っているがそれでも私は外に出た。社員食堂のメニュールはなんだかパッとしないので仕方が無い。それに豪雨の中パンを買いに行くという行為が私とパンとの絆を強くするのだ。人との絆は遠慮仮借なくバリバリ切っていく私だけれどパンとの絆は大事にする。それは私と概念との記憶。パンとのつながりは私の過去からの物語に連なるのだ。というわけで三個買ってきた。フィッシュバーガーパン、特製カレーパン、チュロス。である。雨はしかし、見た目よりは大したことが無いようで傘さえさしていれば大して濡れなかった。きっと軽い雨だったんだな。そして休憩室でパンを食べた。フィッシュバーガーパンは普通だった。カレーパンは揚げたてだったのかふわふわだった。チュロスは表面にまぶしてある粉砂糖がどんなに慎重に食べてもズボンに落ちてしまうのでズボンが粉々になってしまった。しかもさっきの雨で少し湿っていたのでどんどん砂糖が染み込んでいく。やめろ!と言っても砂糖に人格は無いので勝手に染み込む。あーあ。あーあ。そして私は甘ったるいズボンを履いて午後の業務に勤しむわけです。
  1. 2011/08/19(金) 12:56:06|
  2. パン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

に3,4と

  新大久保にやってきた。知っての通り、コリアンタウンである。何回か訪問したことがある場所だがあまりにも女子率が高いのと雰囲気が異国じみているのとで長時間滞在したことは無い。昼飯を喰おうと思ってもなんとなく所在が無く、ぶらぶら歩いているとそのまま新宿に出てしまうばかりである。だが今日はオヒスの面々がいる。予約をしてくれている。ついに新大久保で本場の韓国料理を食べられるのだ!そう、私はこの街の雰囲気に飲まれてばかりではいるが、実は韓国料理は好物でありアメリカ時代も週に3,4と高い頻度で食べていた。だから色んな料理を食べ付けているし作法も慣れている。なので新大久保で食べるのは初だが流儀を知っているので勝手にドンドン料理を注文して最初のうちは私が場の主導権を握っていた。だが、元々小食な上に今日は体調も万全ではないためすぐ勝手を飲みこんだボスに主導権を奪われて後はボスが尋常ならざるペースで料理を注文していた。とはいえやはり本場の(かどうかはわからない。私の知っている韓国料理は全てアメリカの韓国人街のものなのだ。)韓国料理はやはり勢いがつく。ガンガン行ける。人を並べて皆で食べるとおいしいものだ。普段は食べないような分量まで食べた。特にサムギョプサルのうまさたるや相当なもので韓国料理初心者はあまりに気に入って独断で6人前注文してほとんど一人で食べていた。恐ろしいことです。食べ終えた我々はそしてアイスやらスムージーやらを食後に食べてそれぞれの家に帰る。新大久保からなら私が一番家が近いんじゃないか。眠いから丁度いい。日記を書いたら眠りましょう。やらなきゃいけない仕事もあるけど、そういうものは明日にしましょう。あるいは明後日にしましょう。昨日、今日、明日は私が想像していた以上にどうやら忙しいようなのです。
  1. 2011/08/18(木) 23:27:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

べる。

  そばを食べる。食欲は、皆無だった。というのも昨日飲み過ぎた私は朝起きてもまだ酩酊していたのだ。つまり、一般に言う「二日酔い」という奴だ。でも朝チラッと吐いただけでさほど辛くもなかった。しかしオヒスについて「いやー、昨日飲み過ぎて二日酔いに…」と言っても私が酒飲みキャラではないのでウソだと思われて誰も信じてくれなかったのは辛かった。そりゃ、ウソばっかりついてるけどさ。ともあれ私は本当に二日酔いで軽いとはいえ酩酊していた。昼になってもふらふらで食欲絶無である。だけどやっぱり何かは口に入れておきたい。夜はオヒスの面々と飲みに行く予定なのだ。昼には調子を戻しておかなければ後で不義理を責められる。でも、やっぱり食欲は無い。そこで蕎麦を取って汁を飲んでいた。社員食堂の蕎麦なのでちっともうまい汁ではないが、塩分はたくさん入っている。ミネラルも補えるんじゃないか。そうそう、私は今朝久しぶりに足をつったのだ。「足のつり」と「ビタミン・ミネラル」というのは実は密接な関係を持っていて、足がつりやすい人はビタミン・ミネラルが足りていないことが多いのだ。で、普段はちっとも足をつらない私が久しぶりにつったのだ。これは足りないに違いない。というわけで蕎麦の汁を飲んだ。もっと直接的にサプリメントとかで補充できれば良いのだろうがそんなハイテク品を私が持っているわけがない。蕎麦の汁を飲んだ。麺も結局食べた。普通に蕎麦を食べた。午後はなんだか長いような気がする。そして、暑い。今年一番の暑さらしい。糞ったれ!でも今日を過ぎればもう下り坂!やった!もっと!もっとだ!早いところ終われ!こんこんちきのポンコツ季節野郎!夏!!
  1. 2011/08/18(木) 13:11:49|
  2. 社員食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やおいし

  私は、酩酊していた。というのも今日は今日は私の企画していた展覧会の初日なのだが、実は当日同一会場で「ワイン会」とかいうものを催していたのである。ほほぅ。そして私はどうやらそのメンバーの一人になっていたようなので参加することにした。なんだか皆、うまそうなものやおいしそうな飲み物を持ってきていたので手ぶらの私はちょっぴり気が引きけたけれど実際はワインをふたグラス開けたらもう気分が良くなってどうでもよくなった。私はこう見えてもワインが好きなのだ。そして参加者も気の良い奴が多くって話のうまい弁護士やら美しい社長秘書やら映画監督やらアートコレクターなどに囲まれていたら随分気持ちが良くなって何もわからなくなってしまった。ふわふわと浮いたような心持で特にアートコレクターと意気投合した。というもの実は別のギャラリーで私は彼の所有物を偶然にも観ていたのだ。「おお!最近観ましたよ!あの作品、あなたのだったのですか!」「なんということでしょう!素晴らしくコレクションのレベルが高かったじゃないですか!」「どれどれ、おお、あなたの持っている作品だって大変なものだ!」などとお互いを褒め合う。これはアートコレクターにしかわからない感情だ。所有物を褒められる無上の嬉しさよ。そして飾っていた私の作品もべた褒めである。というのも二人が共通でその審美眼を称えるギャラリストに選ばれた私の作品なのである。褒めないわけがない。凄いねぇ。素晴らしいねぇ。こうするともっといいねぇ。やっぱりアートコレクションは最高だねぇ。などと言って私はぐいぐいワインを飲んで酩酊してしまった。ワイン会の主催者とも固く握手を交わした。何回も交わした。もうわけがわからなくなっていた。そして帰って日記を書いている。正直今も酩酊していて一つ前のセンテンスが全然読めない。明日はまた飲みに行く約束があるのでなるべく平静でいたいもの。寝るぞす。
  1. 2011/08/18(木) 00:23:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

り、ま

  (この日記は8/17深夜、酩酊した状態で書かれています)
  昼のカレーはカレーであった。カレー以外に食べたいものが無かったので私はカレーを食べたのでした。それはカレー以外にカレーとしか言いようの無い味であり、まさしくカレーであるにも関わらずカレーとしては甚だ尋常ならざる味で。つまるところはまずかった。しかしカレー以外に食べたいものが無かったのでカレーを食べたのだけれど、食べ終えた私は大事なことを忘れたまま食器を片づけてしまった。つまり、会計である。盆で職員がいない上にいつもとシステムが違うせいでさっさと食器を片づけてしまい、会計をするのを忘れていた。あるちは既に会計をしたのかもしれないが「会計をした」事実を完全に忘れてしまった。本当に会計したかしていないかまるでわからない。なぜならこの日記を書いているのは17日の深夜であり、私はワインの飲み過ぎで酩酊している。昼間の記憶など毛ほども覚えていない。なんとなく、だ。なんとなく会計をしていないような気がしている。だがその実はよくわからない。ともあれ私は何度も会計用のカードを失くしていて既に6000円ぐらい余分に寄付しているんだからいいじゃないか。もう。どうせ350円でしょう。あれ、350円って知っているということはキチンと会計したのではないか?よくわからない。何せ飯島のことである。カレーのことである。記憶のことである。徐々に眠くなっていく私はタイピングの速度が増していく。
  1. 2011/08/17(水) 12:55:43|
  2. 社員食堂
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラナだ

  アサイーグラノーラパフェを食べてから家に帰る。パンを買って帰ろうと思ったのにパン屋にパンが無かった。お店は開いていたのに「本日、パンありません」という張り紙がしてあったのだ。パンの無いパン屋ならなんで開いているのか。いっそのこと休みにすれば良かったのに。ともあれパンは無いのだ。パンが無いのでコンビニエンス便利店で何かにぎり飯を買って行った。でも握り飯だけでは栄養があれなのでアサイーグラノーラパフェである。アサイーはよく知らないけれど南米が生んだ奇跡の超栄養フルーツだって言うしグラノーラは森ガールの主要栄養源だって言うじゃないか。だからきっとすごい栄養の塊なんだ。これさえ食べれば晩飯が栄養的にカスカスでも問題無いはずだ!という名目でパッフェを食べて夕飯はやはりしかしカスカスで本当にまずくって涙腺が決壊して泣きぬれて、夏。パンはまた後日。冷蔵庫の中からキリンガラナを出して飲む。コーラみたいだけどコーラではない。ガラナだ!私の愛するリプトンティーソーダはまだ復刻されない。
  1. 2011/08/16(火) 20:06:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミ(盆

  昼飯を食べに出た。今日は明日始まる展覧会の搬入があるのでオヒスの仕事を休んでいるのだ。で、昼飯である。久しぶりに平日なのに好きなものを食べられる。社食にしばられなくても良い昼だ。というわけでうちの近所に最近出来たイタリア料理屋に行ってみるとボーニャスーミ(盆休み)だった。またしても!先週末からボーニャスーミのせいで私のランチスケジュールはぐちゃぐちゃだ!死んだ人物どもよ!盆だからって一斉に帰って来やがって!だから現世でも迎えるのに店を休んだりして生きている私が不自由するじゃないか!と、でも、まぁ、仕方が無い。休みなものは休みなのだ。目黒駅の方へ歩いていくと知らない店が出来ていた。沖縄料理屋のようだ。ランチメニューはソーキソバ(限定10食)とゴーヤチャンプルー定食しかない。少し遅めに入るとご飯が一種類だ。これは潔い。私はこういうお店、好き。というわけで入った私はゴーヤチャンプルー定食を食べた。まだソーキソバは残っていそうな雰囲気だったが限定に釣られるほど私は子供じゃない。割と時間がかかったが出て来たゴーヤチャンプルーは旨味たっぷりで食べ応えのあるものだった。うまいぞ。やはりメニュールを絞るとそれに専念できるからクオリティーが上がるのだな。ふむふむ、いい感じだ。夜もやっているのなら来てみたいぞ。というわけで搬入に行く。割とすぐに終わりそうだと思ったがやはり割とすぐに終わった。暑いうちに終わったので暑いうちに帰られなばならない。暑い。夏だ。
  1. 2011/08/16(火) 13:37:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

モチウナギ

Author:モチウナギ
写真家で着物デザイナーで何かそんなようなものです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブクログ

Twitter

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。