カル会

芸術家日常

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヤニ」と

  東京駅でビリヤニを食べる。「ビリヤニ」というのは日本ではあまり知られていない料理だが、南インドの名物でインドチャーハンとも呼ばれたりする。前に食べた時はやたら味が無くて参ったが、今回はカレーもついてきているので安心だ。それも二色ついてきている。茶色いのと、白いの。最初に白いのを食べてから茶色いのに移った。ちょと失敗した。白いのは全く辛くないのに茶色いのはやたら辛いのだ。これは茶色と白を行ったりきたりしながらか、もしくは混ぜ合わせて食べるのが正解だったのだろう。ああ、しかしせめて白を後半に残しておけば・・・。味としては「可能性を感じた」くらいだった。シンプルに「うまい!」とは言えない。やっぱり味が薄いような気がするし。そして接客がひどい。これが一番なんともはや、だ。私は未だに日本式の会計方法である「変な筒の中に請求書を入れておくから客がレジに持って来い」方式に慣れていないのだ。おまけにこの店の「変な筒」は頭の上の棚にあってまるで気がつかなかったのだ。それで私がレジに行くとババアがただ立っている。ちらちら私が座っていた席に目を向ける。何をやっているんだ?私がなんとなく察して自席に行くが前述の通りわかりにくい。わからない。もう一度何も持たずにレジに行ってなんなのか聞いてみようとすると厨房から男が飛び出してきて請求書を読み上げた。そしてババアが「950円です」だ。ってゆうか一番メジャーなビリヤニのランチで客は私以外に二組しかいないのだ。それくらい覚えているだろう。なんか癇に障る。料金を支払って背中で「またどうぞ」といわれたが別にまた来たく無い。あんまり私は接客の質にはこだわらない性質だと思っていたのだが、どうにもなんとも癇に障る。もやもやしたまま目当てのギャラリーに行くと閉まっていた。事前にギャラリー巡り用アプリで確認したのに。いや、待てよ。もしやこのアプリ。近くで祝日定休のギャラリーを確かめてみると開いていることになっていた。ああ、祝日に対応していないのか。ああ。ガッカリしたのでヨックモックのカフェで抹茶パフェを食べて自分を喜ばす。今度は想像以上においしかったので快哉を上げた。いえーい。次のギャラリーも素晴らしい展示で作品が欲しくなったけどパソポンの修理でかなりお金を使ったので無理だ。買えない。あと今日は花粉がすごい。すさまじい。薬を飲んでいてもとても出歩いていられる状況ではない。帰ろう。ただひたすらに、帰ろう。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/20(火) 18:47:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<れはチョ | ホーム | 煮が特>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mochiunagi.blog89.fc2.com/tb.php/4429-f0032018
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

モチウナギ

Author:モチウナギ
写真家で着物デザイナーで何かそんなようなものです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブクログ

Twitter

    follow me on Twitter

    ブログ内検索

    RSSフィード

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。